だいたいだらだらしています

結婚関連の仕事や趣味、副業のことなど書いています。

興味のあった宝塚と睡眠について

柔らかく何時間でも寝れてしまうマットレス

気に入っていたベッドは今ではもう親が使っている状態とあり寂しく感じていました。
しかし、今使っているベッドに慣れ睡眠をとると爆睡の毎日。
昔のベッドで寝ていた当時は中々寝付けませんでしたが、もう今では違う毎日です。

使っていたベッドは初めて買ったベッドなので今となってもそのベッドを懐かしがっている状態ですが睡眠の良さには勝てません。
今のベッドでは始めの頃は眠りにくかったのですが、腰を痛めてからは今のモットンマットレスで助かっています。

それはマットレスが柔らかくその上に低反発なモットンマットレスを敷くとより眠りやすさが増す事。
また頭の上に暗くもなく明るくもない光のランプがある事。
そうして、収納が広くベッド下にある事なのです。

皆さんにもモットンのマットレスは体験してほしいぐらいです。

そんなベッドなので、気に入っているベッドです。
形状としても見た目としてもゴツクは無くシンプルな作りになっているので、使いやすくもあるし部屋のインテリアとなり馴染んでいるベッドです。

また柔らかい事から疲れ切った時の睡眠では、腰の負担がなくて朝起きるとスッキリ起きれてしまうのが今使っているベッドの特徴です。
そうして欠かせないのがマットレスが軽いので、ベランダで日干しが出来ることなのです。

中々普通のベッドでは出来ない事あり始めて使ってみて日干しをした時は、ベッド自体が温かくなって寝る時に直ぐに眠ってしまった程です。
そんなベッドの特徴なので腰が悪くなっても寝やすいベッドとなっています。

また寝具としても色々な組み合わせが出来るのも特徴です。
それが、枕の色がどんな色でもシックリくることです。
ベッド自体は黒ですが掛けカバーが赤なので、色合いが良くなっています。

そうした色合いから枕の色は暖色でもシックでも何でも合います。
毎日寝るスペースなので色合いは大切です。
しかもベッドで睡眠をとることで次の日の起きた感じも違うのです。

それは起きた時に木の香りがかすかにするからです。
そんな香りを嗅ぐと心が落ち着く状態になり、睡眠時間も延びてしまいます。
5年前に使っていたベッドもいいですが、今使っているベッドも気に入っている睡眠家具になっている今日です。

それから何を隠そう睡眠に大切な枕です
使っている枕はCMでお馴染みの枕になりますが、非常に使えてしまいベッドに入って30分も経たない内に熟睡してしまいます。

やはり枕は睡眠を招くには良いアイテムだと感じました。
そうして睡眠に欠かせないのがベッドの中の温度です。
寒い季節では布団の中が冷え切っていますが、このアイテムで今は乗り切っています。

それが乾燥器です、ジメジメした布団を乾かすのに使ったりする乾燥機はカラッとした状態の布団にしてくれるので、睡眠には非常に良い状態を作ってくれます。
そんな事から布団乾燥機のアイテムも重要になっています。

 

もう一つのマイブーム継続中なのは

2018年5月、待望だった宝塚歌劇団の上演をみることができました。
福岡市の博多座で上演された花組の「あかねさす紫の花」「Sante!!」~最高級ワインをあなたに~ です。
20年まえの高校時代、修学旅行で京都にいった際、友人たちが自由行動時間に宝塚を見にいきました。当時のわたしはなぜか京都市内探索をしていました。ホテルに戻ると、宝塚へ行った友人たちは完全にハマっていました。今でも残っているホテル室内で撮影した写真には、宝塚に影響を受けまくった友人たちがいます。一人は自分で腕を組み、一人は斜め上の方向を見上げながら映っています。その時からわたしは宝塚に興味をもっていたように思います。
わたしは福岡市に住んでおり、関西方面に行くことがほとんどありませんので、「いつかは宝塚をみたい」と思いながら暮らしていたのですが、地元で宝塚を見ることができたのが2018年の5月です。
知人が複数枚チケットを購入することができたそうで、わたしに声をかけてくれました。後でインターネットで検索したのですが、ホームページからの購入は売り切れており、すでにできない状態でした。知人には感謝しかありません。

今はここで情報チェックして宝塚チケットの先着もコツがわかり購入できるようになりした
当日は知人夫婦と、6年生の娘の4人で観劇しました。開演前にアナウンスで、礼儀正しく観劇しましょう、のようなことを言われました。それを聞いて会場もピリッとした空気になり、わたしは益々期待したことを覚えています。
あかねさす紫の花はストーリーもおもしろく、戦うシーンは迫力満点でした。始まったばかりのころは、自分自身が宝塚を観ていることに興奮し、実は内容を覚えていません。何しろ立ち居振る舞いがすべて格好よく、涙がでそうになりました。
「Sante!!」は、多くの人がイメージする、「これぞ宝塚」という演出で、華やかさに娘も大喜びでした。6年生の娘が全ての上演時間を飽きずに過ごすことができるかどうか心配していたのですが、全くの心配無用でした。わたし以上に目を輝かせ、舞台に釘付けになっていました。
自宅に戻ってからは高校時代の友人たちと同じように宝塚のマネをし、夫から「こんなことする娘だったっけ」と言われていました。自宅内でしか宝塚の話をすることができず、「友達にもみせたい」としきりに言っていました。ちなみにわたしと娘がファンになってしまったのは、額田女王を演じられた仙名彩世さんです。とても女性らしく、かわいらしい方でした。
もちろん今年も知人にチケットを頼んでいます。

自粛生活で気づかされた生活のムダとは

自粛生活で気づかされた生活のムダとは

自粛生活が続く中、買い物へ行く回数を減らしたり、無駄な外出をしないことを続ける中で、生活を縛られる事でのストレスは多少あるものの、心地よく感じる事や良いことも多く見つけることができました。

買い物は3日に1回程度にという都や国のお願いを実行したところ、一回当たりの購入金額は増えたものの、持ち帰れないという事から無駄な買い物が減りました。そして、毎週のお出かけも無くなったためレジャー費も浮くことになり、毎月かなりのお金が貯金に回せるようになりました。子供が成長するにつれて家計費に余裕がなくなってきていたので、買い物やお出かけを自制する事で家計に余裕を生むポイントを見つけられことは本当に良かったと思います。

そして、自宅での食事や晩酌を楽しむべく、普段よりも贅沢な食材を購入したり、お店で出されるようなメニューに挑戦したり、今までの自宅ゴハンが華やかになりました。家族も以前よりご飯を楽しみにしてくれるようになったので、変わった食材をネットで探すようにもなりました。ネットで食材を探しているときに、シャンパンやワインはネットでまとめ買いするとかなりお得に買えることを知り正直驚きました。この自粛生活での大発見でした。もっとうまくネットショップを活用しなければと痛感した今日この頃です。

外出をしない事や家族以外とのコミュニケーションが減ることでストレスを感じることはありますが、これまでそんなに活用していなかったネットを活用する事で、新しいコミュニケーションの仕方を楽しむことができていると思います。子供は友人とテレビ電話をつないでなぞなぞを出し合ったり、おしゃべりを楽しんだり、カードゲームで戦ったりと、大人よりもうまくこの社会に溶け込んでいることに少し感動しました。これからは、子供たちのような順応性をもってこの不安定な世の中を楽しみながら過ごしていきたいなと思います。

興味のあった宝塚と睡眠について

柔らかく何時間でも寝れてしまうマットレス

気に入っていたベッドは今ではもう親が使っている状態とあり寂しく感じていました。
しかし、今使っているベッドに慣れ睡眠をとると爆睡の毎日。
昔のベッドで寝ていた当時は中々寝付けませんでしたが、もう今では違う毎日です。

使っていたベッドは初めて買ったベッドなので今となってもそのベッドを懐かしがっている状態ですが睡眠の良さには勝てません。
今のベッドでは始めの頃は眠りにくかったのですが、腰を痛めてからは今のモットンマットレスで助かっています。

それはマットレスが柔らかくその上に低反発なモットンマットレスを敷くとより眠りやすさが増す事。
また頭の上に暗くもなく明るくもない光のランプがある事。
そうして、収納が広くベッド下にある事なのです。

皆さんにもモットンのマットレスは体験してほしいぐらいです。

そんなベッドなので、気に入っているベッドです。
形状としても見た目としてもゴツクは無くシンプルな作りになっているので、使いやすくもあるし部屋のインテリアとなり馴染んでいるベッドです。

また柔らかい事から疲れ切った時の睡眠では、腰の負担がなくて朝起きるとスッキリ起きれてしまうのが今使っているベッドの特徴です。
そうして欠かせないのがマットレスが軽いので、ベランダで日干しが出来ることなのです。

中々普通のベッドでは出来ない事あり始めて使ってみて日干しをした時は、ベッド自体が温かくなって寝る時に直ぐに眠ってしまった程です。
そんなベッドの特徴なので腰が悪くなっても寝やすいベッドとなっています。

また寝具としても色々な組み合わせが出来るのも特徴です。
それが、枕の色がどんな色でもシックリくることです。
ベッド自体は黒ですが掛けカバーが赤なので、色合いが良くなっています。

そうした色合いから枕の色は暖色でもシックでも何でも合います。
毎日寝るスペースなので色合いは大切です。
しかもベッドで睡眠をとることで次の日の起きた感じも違うのです。

それは起きた時に木の香りがかすかにするからです。
そんな香りを嗅ぐと心が落ち着く状態になり、睡眠時間も延びてしまいます。
5年前に使っていたベッドもいいですが、今使っているベッドも気に入っている睡眠家具になっている今日です。

それから何を隠そう睡眠に大切な枕です
使っている枕はCMでお馴染みの枕になりますが、非常に使えてしまいベッドに入って30分も経たない内に熟睡してしまいます。

やはり枕は睡眠を招くには良いアイテムだと感じました。
そうして睡眠に欠かせないのがベッドの中の温度です。
寒い季節では布団の中が冷え切っていますが、このアイテムで今は乗り切っています。

それが乾燥器です、ジメジメした布団を乾かすのに使ったりする乾燥機はカラッとした状態の布団にしてくれるので、睡眠には非常に良い状態を作ってくれます。
そんな事から布団乾燥機のアイテムも重要になっています。

 

もう一つのマイブーム継続中なのは

2018年5月、待望だった宝塚歌劇団の上演をみることができました。
福岡市の博多座で上演された花組の「あかねさす紫の花」「Sante!!」~最高級ワインをあなたに~ です。
20年まえの高校時代、修学旅行で京都にいった際、友人たちが自由行動時間に宝塚を見にいきました。当時のわたしはなぜか京都市内探索をしていました。ホテルに戻ると、宝塚へ行った友人たちは完全にハマっていました。今でも残っているホテル室内で撮影した写真には、宝塚に影響を受けまくった友人たちがいます。一人は自分で腕を組み、一人は斜め上の方向を見上げながら映っています。その時からわたしは宝塚に興味をもっていたように思います。
わたしは福岡市に住んでおり、関西方面に行くことがほとんどありませんので、「いつかは宝塚をみたい」と思いながら暮らしていたのですが、地元で宝塚を見ることができたのが2018年の5月です。
知人が複数枚チケットを購入することができたそうで、わたしに声をかけてくれました。後でインターネットで検索したのですが、ホームページからの購入は売り切れており、すでにできない状態でした。知人には感謝しかありません。

今はここで情報チェックして宝塚チケットの先着もコツがわかり購入できるようになりした
当日は知人夫婦と、6年生の娘の4人で観劇しました。開演前にアナウンスで、礼儀正しく観劇しましょう、のようなことを言われました。それを聞いて会場もピリッとした空気になり、わたしは益々期待したことを覚えています。
あかねさす紫の花はストーリーもおもしろく、戦うシーンは迫力満点でした。始まったばかりのころは、自分自身が宝塚を観ていることに興奮し、実は内容を覚えていません。何しろ立ち居振る舞いがすべて格好よく、涙がでそうになりました。
「Sante!!」は、多くの人がイメージする、「これぞ宝塚」という演出で、華やかさに娘も大喜びでした。6年生の娘が全ての上演時間を飽きずに過ごすことができるかどうか心配していたのですが、全くの心配無用でした。わたし以上に目を輝かせ、舞台に釘付けになっていました。
自宅に戻ってからは高校時代の友人たちと同じように宝塚のマネをし、夫から「こんなことする娘だったっけ」と言われていました。自宅内でしか宝塚の話をすることができず、「友達にもみせたい」としきりに言っていました。ちなみにわたしと娘がファンになってしまったのは、額田女王を演じられた仙名彩世さんです。とても女性らしく、かわいらしい方でした。
もちろん今年も知人にチケットを頼んでいます。

ソーシャルゲームにハマっています!

アラサーになってお恥ずかしい話なのですが、現在、育児の合間にスマートフォンソーシャルゲームにハマっています。
もともと、私が好きだった漫画がゲーム化しており、はじめはちょっと遊ぶ程度だったのですが、がっつりとハマってしまいました。
毎日ログインし、対戦を繰り返しているうちに、いつのまにか10万人のプレーヤーがいる中で、3000位以内の実力者に!
またSNSを通して、一緒にゲームをする仲間ができたことで、更に頑張って強くなろう!という気持ちになれました。
とはいえ楽しいことばかりでなく、一生懸命取り組んでいるのにもかかわらず、「最弱」「〇〇(アイテム)を使わなければ勝てたことがない」などと、度々煽られて、イライラすることもありました。
大人気なく、SNSで言い争ってしまうこともしばしばあります。
しかし、大人になった今、あまり感情を表に出せる機会がないからこそ、そういったやりとりもいいストレス発散になっているのではないかなと思います。
そして私がソーシャルゲームをする上で、意識しているのは課金しないことです。
他の人は大体月に1度くらい、3000円のガチャを回していると考えると、毎月3000円特したような気になれてしまいます。

ソフトバンクエアーWi-Fiでテレワークの日々

ソフトバンクエアーWi-Fiでテレワークの日々

コロナの影響でわたしもテレワークなるものになりました。ちょうど3月からソフトバンクエアーのWi-Fiに入っていたのでネット環境はつなぎ放題なので万全です。

 

一応会社の携帯からのでデザリングも出来るよう支給されましたがデザリングは次のページに移動するときの時間がかかるときも多いですしたまにぶちぶち回線が切れてしまいます。結果的に面倒なのでソフトバンクエアーので使っています。

こんなときは無制限で使い放題なので安心して使えます。ギガ制限とかあったらお金もいりますので意地でも会社のでつかっちゃうところですが。

 

実質3月の頭はWi-Fiのスピードも安定して早かったですが4月中旬にはテレワーク人口も増えたのでスピードが遅くなるときがあるようには思えます。うわさでは2~3割ぐらいネット使う人が増えているとかこんな時期なので仕方ないのですがネットとパソコンさえあれば自宅でなんとかなるのは今回のコロナでもなんとかなったのは幸いだと思えます。世の中パソコンのおかげでデータ管理など一度入寮くすれば編集するだけで済便利になったのですがお役所系などもずいぶん楽になってるはずですが人員も少なく済みそうですがどうなのでしょうね。

ソフトバンクエアーのWi-Fiに決めた理由の一つのおおきな理由は工事が不要だったことです。現在会社の家賃補助もあるので比較的都心に近いところに住んでいます。なのでいつか引っ越しがあるのでその時の出るときの工事費用がまたかかるのがいやだったからです。この手の話は入るときはキャンペーンだの無料などで一見おいしいように見せかけますが出るとなったらもろに定価を請求してきますし希望日に開通するとも思えません。いどうするだけで1万以上も費用がかかるのはなんだか損した気分になりますし嫌な気分になってしまいます。

 

テレワークもとりあえず5月末までは続きそうです。部屋が広くないこともあるので一日中部屋にいてのパソコン作業はストレスがたまります。すいている公園に散歩に行ったりしますがそれでも運動不足になっています。多少慣れてきたとはいえ人間ある程度外に出て太陽の光にあたったりするのは重要なのだなと思う日々です。

キーボードを打つと左の小指から肘にかけての外側が痛くなる

キーボードを打つと左の小指から肘にかけての外側が痛くなる

年齢を重ねると、老眼になり、お酒も弱くなり、体力と身体能力の低下が顕著になってきました。
40歳後半で子宮癌が発見され全摘の手術。50歳を過ぎたあたりから、胃痙攣や急性腎盂腎炎など、疲労や飲み過ぎがたたると、身体に不調が起こるようになりました。

若い時から、パソコン業務をしているので、ブラインドタッチはもちろん、長時間の入力作業、電話など他の業務をしながらでも、文字を打つのは得意で苦になりませんでしたが、ここ最近、やはり変化が見られます。

変化というよりは老化なんでしょうが、文字を打っていると、左の小指あたりから肘にかけての外側の筋が痛むようになりました。
たいした時間作業している訳でもないのに、おかしいな疲れているのかな、腱鞘炎にでもなったのかな、と思いながら2カ月ほど過ごしましたが、痛みはなくなりませんでした。

先日、肩凝りで通っていた整骨院に行った時に相談してみましたら、いくつか質問され、腱鞘炎ではないとのこと。

私の症状は、キーボードを打っている時だけ痛み、やめるとまもなく痛みはなくなります。
その他のことをしている時にはその場所の痛みを感じることはありません。
特に左の小指と薬指を使うと傷みだすような気がします。

それらから、整骨院の先生は、腱鞘炎ではないとの判断をされ、おそらく、キーボードを打つ時に小指と薬指が伸びていて、小指と薬指の間隔が広くなっている状態で作業することにより、指から肘にかけての筋肉及び筋が疲労によって痛むのではないかとのことでした。

その筋肉及び筋は、非常に細く、疲れやすい=傷みやすいのだそうです。

先生は、「ちょっと緩めますね」とおっしゃって、悲鳴をあげるほどの荒治療をしてくださいましたが、その後はほとんど痛まなくなりました。
さすがプロですね。

上野の所要序に鈴本演芸ホールに寄席を見物に行ってきました

先日、上野へ所要が有って出かけた序に、上野の鈴本演芸ホールに寄席を見物に行ってきました。鈴本演芸は上野公園、JR上野駅不忍口より歩いても10分足らず、もっと近いところでJR御徒町駅北口より徒歩5分の大通りに面してあります。入場料は、われ等はシニア料金ということで一席2,400円(普通は2600円)と、12時からほぼ4時間の口演は、先ずは芸能見物としては安い方でしょう。

こちらの演芸場は、新宿の末広亭浅草演芸ホールと違って、エシカレーターを上ってビルの三階で口演するという、変わってるといえば変わっていますね。それでも会場は普通のところと同じで、雰囲気は充分感じられます。気さくな気分で、お弁当を食べながら、ビールを飲みながら、おつまみやお菓子を食べながら落語を聞けるのが演芸場のいいところです。

主な出演者達は、落語は当然メインであるが、他にも漫才やものまね、マジック、曲芸、漫談から、紙きり術と多彩で、15組以上の方々が出演しています。最後に出演するのがおおとりと言って、この日の責任者、所謂ベテランが締めくくることになります。

あの時のトリは三遊亭金馬師匠で、「居酒屋」を演じていました。居酒屋と言う落語は、小生は特に先代の金馬師匠が好きだったけど、話の概要は、「一杯ひっかけて、既に酔いが回っている男が、更に酔ったまま居酒屋に入ってきて酒を注文するが、その時、居酒屋の小僧を面白、可笑しくからかいながら酒の肴にしてしまうのです。その辺のお客と小僧の、ふざけた様子と真面目な様子のギャップが実に面白いのです。」

家族三世帯おんぶにだっこ旅行で愛知のホテルは最高だった

私たちは三世帯で旅行に行く事になりました。旅行のプランは全て姉の旦那さんにお任せ。勿論、宿泊先の予約も姉夫婦にやってもらい、どこに泊まるかも分からない状態で旅行はスタートした。

現地に着き昼間は観光を堪能し、日が暮れ始めた頃に、いよいよ宿泊先へ。なんと、その宿泊先はあのミシュランガイドでも4レッドパビリオンの評価も獲得したこともある超有名ホテル。私たちはビジネスホテルならかなりの親しみはあるのですが、こんな高級ホテルに泊まるのは初めてですごくわくわくしていました。

着くと入り口にはスタッフの方が待機しており荷物を運んでくれました。こんな歓迎のされ方など人生で初めてでむしろ緊張の方が強かったのを覚えてます。館内に入ると、ものすごく広いロビー、待っているとフリードリンクも頼めてなんだかかなりセレブになった気分。重い荷物を足元に一旦置き、住所など書いて宿泊の手続きをすることはなく、事は淡々と進みあっという間に、部屋へ案内された。

部屋はとても大きく窓からは目の前に大きな川も流れていて、景色も絶景。ここでテンションはピークに達して、子供の用にはしゃぎ回りたい気持ちをどこか我慢し静かな大人を取り繕っていました。その他に館内には温泉、お土産屋さん、カフェ、スパなどがあり、私はお母さんの計らいで、スパも経験させてもらいました。一泊の予定だったので今晩で館内にあるものをコンプリートしなければならないプレッシャーを感じ、あまり部屋でゆっくりしている事はなかったです。楽しい時間は一瞬で過ぎてしまい、あっという間にチェックアウトの時間になってしまい、セレブ気分から現実の世界へ。

いよいよ精算の時間。今の世の中情報社会で愛知県ホテル一覧で調べれば、なんでも出てくる。前日に料金を確認してみたら、金額は予定以上。楽しかった思い出をではあるけど高いなあとお金の準備していると横から神の声が。親が払ってくれたのです。本当に頭が上がらないばかりでした。旅行の計画から精算まで本当に夢のような、おんぶにだっこの旅行でした。あの日だけ、一日30時間はあって欲しかった。